google_calendar
20200427_lunch
· ☕ 1
ウォーターサーバーがほしくて、色々比較した話

おかえり!ゆいちゃん!
· ☕ 2
ずっという事聞いてくれていなかったゆいちゃん!ようやく!動くようになりましたーーー長かった…。なぜ動かなかったかというと、この改造工事をしていたからwでもね、まだトランザクションの整備終わってないから、変数登録が微妙におかしいかもww

linebotまとめ
· ☕ 3
今作っているlinebotのまとめ記事 概要 line公式アカウントの後ろにawsがあり、ホットペッパーやGoogleカレンダーと連携しています。 基本の仕組み lineにはwebhookという仕組みがあり、メッセージをlineがうけとると、その内容をAPIに送ってくれます。 こんな感じ 基本は、この仕組みで、

googleカレンダーを取得するlambdaを作った
· ☕ 2
googleカレンダー連携のlambda。テスト動作みたいのさせたままで、ちゃんと完成させてなかったから、完成させた! これまでの流れはこちら ただ、びっくりするほどまとまりがなくて見づらくてしょうがないので、そのうちちゃんと綺麗にします…。 システム構成 環境 lambda:python3.7 前提 GCPでgoogle calendar APIを作っておく

ついに!アプリリリース!治療院向け自動予約アプリ
· ☕ 1
やーっとリリースできました! 結局全部作り切れずに、一部機能先送りにしてしまいました…。 いやぁ、一日作業してたはずなのに、遅くなった…。 サイトはこちら 自動予約受付ができるlinebotです。 しかも、あんまりテストできてないから、まだバグだらけかも…。 明日からしっかりテストしよう…。 あ、ちゃんとリリース

dockerでマウントする カレンダー連携⑥
· ☕ 2
朝、マウント(同期)が上手くいかなかったので、リベンジ windowsのdockerでは/c/xxxを見ていて、 wslでは/c/xxxがマウントされた/mnt/c/xxxを見ている なんか、この辺がよくないことになっているよう…。 前回までの流れはこちら ただ、requirements.txtはdocker

dockerのメモリを下げる カレンダー連携⑤
· ☕ 2
昨日はメモリ不足でdocker動かなかったので、今日はそのリベンジ。 私のPCが7年前のおんぼろのせいで、dockerが要求しているメモリが確保できない問題ww dockerが要求しているメモリを下げる方法を考える 前回までの流れはこちら メモリ減らす! update updateしてみた。 結果変わらず…。 やはりsett

dockerを使ってみる カレンダー連携④
· ☕ 2
前回lambdaが動かなかったので、なんとか頑張る回ですw layerが上手く固められていなかったのが原因で、多分dockerで解決するはず…。 前回までの流れはこちら docerの導入 私の開発環境はwindows on WSL です。 なので、Docker for WindowsをWSLから呼び出していきます。 Windows

googleカレンダー取得スクリプトをlambdaに載せる カレンダー連携③
· ☕ 1
ついに本題ですw 昨日ローカルから実行したpythonをlambdaに上げていきます! 前回までの流れはこちら layers作成 昨日pip installしたこの子達をlayersに固めていきます。 pip install -t . httplib2 pip install -t . oauth2client pip install -t . google-api-python-client で、cloudformationでデプロイ templateはこちら AWSTemplateFormatVersion: '2010-09-09' Transform: 'AWS::Serverless-2016-10-31' Description: api gw,

スケジュールを取得する! カレンダー連携②
· ☕ 3
昨日は最初の最初で終わってしまったので、今日はなんとしても取得するまで頑張る!! ひきつづきこちらの記事を元に進めていく。 前回までの流れはこちら GCPのIAM設定 サービスアカウントからサービスアカウントを作成する。 きっとawsのユーザー作る感じなんだろうかね? 指示通りに進める。 とりあえずオーナー権限を

google Calendarで遊んでみる カレンダー連携①
· ☕ 2
今日はgoogle Calendarを連携する方法を考えます! 一番最終的なゴールは、「dynamoに登録されたカレンダー情報を元にlambdaでカレンダーから情報を取得、更新する」ことです。 まずは、そのために、連携方法を色々考える google Calendar取得の方法 予定を追加するだけならurlを指定するだけで