templateのtemplateを作る!

· ☕ 2

cloudFormationのtemplateが500行を超えてきて、圧倒的に見づらいし、整備もしにくいので、綺麗に簡単に使う方法を考えた。

結論

templateのtemplate最強説!

例えばこのlinebotの構成なら、templateのtemplateを三つ作り、色ごとに作ったものを使いまわす!

概要

うん、これベストプラクティスじゃね?ww

経緯とか

現状分析

templateが見づらく、整備もしにくくなってきた理由とかしんどい理由

  • リソースが増えるとその分長くなっていく

  • lambdaのトリガーやSQSなど、ポリシーももれなく必要だったりして、1個のlambdaに対して、3リソースとか必要だったりする

  • 1個のlambdaだけ更新したい。とかができない

  • 長すぎてブログに載せずらい

  • ぱっと見で何が対象に書いてあるのか分からない

思ったこと

とにかく、短く、分かりやすくしたい!

ほぼ同じことをコピペで書いているから、そういうのいらなくない?

templateのtemplateつくればよくね?

解説

今は、これらを作りたいと思った時、1つのtemplateにぐちゃぐちゃ書いていた。

一応、コード(更新あり)とリソース(更新無しで一回作ったらおしまい)は分けていた。

cloudFormation template

それを、こんな感じで汎用的なtemplateのtemplateを作り、それをスクリプトで回すようにすることにした。

cloudFormation template

コード量で言っても、500行⇒100行くらいのスッキリ感!

これ、ほんとにいいからおすすめ!今の本業のプロジェクトもこれにしたいくらい!

使い方

templateのtemplateは今後↓に溜めていきます。

それぞれのページの中に、templateとそれを実行するスクリプトが書いてあるので、その通りに実行すればOK!

templateのtemplate置き場

SNS⇒lambdaをつくる時の「SNS⇒」の部分のtemplate

lambdaのtemplate

s3のtemplate


るな
るな
エンジニア